新車を少しでも安く買う方法 中古車の一括査定見積りで愛車を高く売ろう

新車を少しでも安く買う方法 中古車の一括査定見積りで愛車を高く売ろう

新車という言葉にはどこか「憧れ」のようなものもあるのではないでしょうか。誰も乗っていない自分だけの車を購入出来るようになるのです。嬉しいのは当然ですが、当然新車は中古車よりも高いです。
お金があれば誰もが新車を購入するでしょう。過去に販売されていたモデルに余程のこだわりがあるのであれば中古車という選択肢しかありませんが、そのような人は少数派なのではないでしょうか。誰もが「新車」に憧れを持っているものの、経済的な面を考慮したらどうしても中古車という選択肢になってしまう…。
そのような悩みを抱えている方は、中古車の一括査定を利用してみるのが良いでしょう。「?」と思うかもしれませんが、その原理を説明してみましょう。

 

・下取り車を高く買ってもらう

あくまでも既に車を持っていたらの話ではあるのですが、自動車を購入するという事は、現在乗っている車を手放すと考えてよいのではないでしょうか。二台持つという方もいるかもしれませんが、そのような方は極々少数派でしょう。
その際、下取りに出すものですが、新車でとなるとディーラーに下取りしてもらう人が多いのではないでしょうか。新車を購入するので、特に深く考えずにディーラーで…という人が多いのも良く分かる話ではあるのですが、実はそれがあまりよろしくないのです。なぜなら、ディーラーというのは「売る」のがお仕事であって、買取は専門ではありません。むしろディーラーによっては下取り額は「大体」でしか出さないケースさえあるのです。
いわば「専門外」のディーラーに下取りしてもらっても、良い額にはなりません。それよりも中古車買い取り専門業者の方が高く買取ってくれます。
そして中古車買い取り専門業者は多々ありますので、一括査定をする事で一番高く買取ってくれる業者を見つけられるだけではなく、買取の相場も分かります。ディーラーに「とある業者では○○万円で買取ってくれると言われた」とでも言えば、ディーラーとしても本気で買取ろうと思ったらそれ以上の額を提示するしかありません。中古車一括査定業者 ズバット買取とかんたん車査定ガイドどっちがいい?

 

・値引き額が明確になる

下取りを別の専門業者に任せる事によって、値引き額と下取り額を分けて考えられます。これはよくある話なのですが、ディーラーに下取りしてもらうと「値引き額と合わせて○○万円でどうでしょう!」と勢いよく言われたものの、よくよく考えたらあまり得していないケースはとても多いです。
勢いに押されてしまい、まるで得をしているかのような錯覚を覚えてしまうものの、下取り額と値引き額を一緒にしてしまっているため、どちらがどれだけなのか分からないのです。もちろんそれがディーラー側の「作戦」である事は言うまでもありません。
ですが業者を別々にしたら、ディーラーのそのような作戦は使えません。車体価格の値引き額だけで勝負しなければなりませんので、誤魔化しが効かなくなり、値引き額も良くなるケースが多いのです。
ディーラー側とて出来れば高く売りたいと思っているのです。騙そうという訳ではないものの、交渉術として下取りと値引き額を混ぜてうやむやにするというのはよくある手法です。「それだけやってくれるのなら」という事でついつい快諾してしまう人も多いのですが、冷静に考えるとあまり得になっていません。
この点は一括査定はもちろんですが、新車購入の際の注意点でもあります。
中古車高く売る7
これらのメリットは計り知れないものですので、やはり一括査定をしておいた方が良いでしょう。